2009年09月19日

鈴木奈穂子(スズキ ナオコ)」さん。

nahoko_munen.jpg
 この美人は何をむそうしているのだろうか…クリックで拡大
 そしてこの人は誰なんだろう。
 知る人ぞ知る「鈴木 奈穂子(スズキ ナオコ)」さん。某国営放送で光り輝いているキャスターさんだ。
 所属は現・ 東京アナウンス で、
 前任地 松山放送局
 出身地(生育地) 横浜市
 入局年 平成16年
初任地のエピソード 高松。お天気中継を行った朝の公園で、大量の蚊に襲われ、本番までの間に刺された数は、手足顔合わせて20個以上!激しいかゆみと戦いながらなんとか笑顔で放送を終えられたものの…。それ以来、公園での中継は出来るだけ避けるようにしています。

 この人のモットーは「あなたに解決できない問題はあなたにおこらない 」で、古くは
 「山よりデッカい猪(しし)は出ん…」を思い出します。


○出演番組
「首都圏ネットワーク」 キャスター
「週末プレマップ」 キャスター
「もうすぐ9時 プレマップ」 キャスター


では同音異字の問題に入ります。

「むそう」と読める同音異字を挙げてみましょう。

「無双」と書けば
意味的には「ほかに並ぶものがない」ということを指し
 @和室の用語で、床の間の一番上の天井部分のことを無双というとか。
Aとしては「国士無双」…麻雀の役満
B「無双仕立(むそうしたて)」とは表裏とも全て共布で仕立てた袷(あわせ)の仕立て方のこと。着物や羽織、コートなどに用いられ、とても贅沢な仕立て方なので、現在では主に長襦袢の袖に用いられ、この袖のことを「無双袖」というとか。

つぎに
「夢想」と書けば
 有名な@夢窓国師がいらっしゃる…。
 本名:夢窓 疎石(むそう そせき、道号が夢窓、法諱が疎石、建治元年(1275年) - 観応2年(1351年10月20日)享年76)は、鎌倉時代末から南北朝時代、室町時代初期にかけての臨済宗の禅僧。
生涯にわたり、夢窓国師・正覚国師・心宗国師・普済国師・玄猷国師・仏統国師・大円国師と7度にわたり国師号を歴代天皇から賜与され、七朝帝師とも称される。
また 庭園の設計家でもあり、
「苔寺」で知られる京都の西芳寺や天龍寺、鎌倉の瑞泉寺、山梨の恵林寺、岐阜の永保寺など、多くの名庭園がある。

Aまた熟語として「無念夢想」と書いても許されそうである。

次に

「無想」と書けば

@四字熟語の 「無念無想(むねんむそう)」
意味的には「いっさいの妄念を離れた無心のさま。あらゆる雑念がなくなり心が透明になるさま。仏教で無我の境地に入りすべての想念から離れること。
 最近人気の太宰治の『道化の華』には
 「ああ、無念無想の結果を見よ。僕は、とめどもなくだらだらと書いている。」という用例がある。

 冒頭の画像は、かの菜穂子さんがオフィスで激写されたスナップではないか。本番前の緊張をほぐすため精神統一しようとして思わず椅子の上に正坐してしまった…。この決定的瞬間ののち、はたして「無念無想」の境地に入れたのであろうか?
 罪な寸景ではあるが、彼女の健気な一途さが伝わってきて
何故か目が離せない。



マクロミルへ登録
posted by 神谷 雄高 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ゲームの設置方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。